介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

当社では介護職員が「有料老人ホームをご紹介」しておりますが、その際のご質問で多いのが「介護付き」有料老人ホームと「住宅型」有料老人ホームに関するご質問。

このページでは、両者の違いを分かりやすく説明したいと思います。

有料老人ホームとは?

まず最初に「有料老人ホーム」のご説明から。

有料老人ホームとは「老人福祉法」という法律に基づいて、高齢者むけにサービス提供する施設のことで、民間企業によって運営されます。

この有料老人ホームは、法律的に「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」に区分されます。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いは、簡単にいうと、以下の通りです。

介護付き有料老人ホーム

施設が提供する介護サービスを利用

住宅型有料老人ホーム

外部が提供する介護サービスを利用

介護サービスを施設が提供するのか、それとも施設以外の外部サービスを利用するのかが、両者の大きな違いです。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの比較

それではもう少し詳しく両者の違いを見ていきましょう。

制度上の違い

まず「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の制度上の違いは以下の通りです。

 

介護付き

住宅型

法律

老人福祉法

老人福祉法

特定施設入居者生活介護の指定

指定を受けている

指定を受けていない

介護の種類

施設介護

訪問介護

制度的には、都道府県から「特定施設入居者生活介護の指定」を受けることで、施設が自ら介護サービスを提供する「施設介護」を行うのが介護付き有料老人ホーム。

一方、指定を受けずに外部の介護サービスを利用するのが、住宅型有料老人ホーム、という定義になります。

対象者とサービス

「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」が対象としている入居者は以下の通りです。

 

介護付き

住宅型

年齢

一般に65歳以上

一般に60歳以上

要介護度

要介護1以上の要介護者に限定している施設が多い

自立者、要支援者、要介護者

医療対応

医療ケアに対応している施設も多い

医療ケアに対応している施設はあまりない

認知症

対応している施設が多い

対応していない施設が多い

年齢やサービス内容は施設によって異なりますが、目安としては上記の通りです。

一般的な傾向としては、介護付き有料老人ホームの方がより「要介護度の高い」高齢者向けに介護サービスを充実させている、という印象です。

介護付きと住宅型の介護サービスの違い

先ほどもお話ししたように、「介護付き有料老人ホーム」は、都道府県から「特定施設入居者生活介護の指定」を受けているので、施設として介護サービスを提供できます。

これにより介護付きと住宅型の介護サービスには大きな違いがあります。

 

介護付き

住宅型

介護スタッフの人数

要介護者3人に1人以上の介護スタッフを配置

外部の介護サービスを利用するので、施設としては介護スタッフを配置しない

ケアマネージャ

施設内にケアマネージャーが常駐

入所前に担当していたケアマネージャとの関係は切れる

外部のケアマネージャーを利用

入所前に担当していたケアマネジャーに引き続き依頼可能

機能訓練士

施設内に1人以上が常駐

必要に応じて、自分で手配

介護に必要な機材
(車椅子、等)

施設が用意

費用は月額費用に含まれている

自分で用意

費用は施設の月額費用と別に自分で払う

介護のタイプ

施設介護(施設で必要な介護サービスを提供)

訪問介護(自分で契約した訪問介護サービスを利用)

「介護付き有料老人ホーム」は簡単にいうと、施設の入居(食事、部屋、等)、レクリエーションと、介護サービスがセットで提供される形態。

一方「住宅型有料老人ホーム」は、入居とレクリエーションのみ施設で提供し、介護サービスは外部を使うという、役割を分担して提供する形態です。

住宅型有料老人ホームの介護サービス

とはいえ住宅型有料老人ホームの運営会社が、系列に「介護事業所」を経営していることも多く、施設内に系列の介護事業者が事業所を開いている場合もあります。

イメージで言うと、「住宅型有料老人ホーム」の建物の中に、「デイサービス」の部屋があり、同時に「訪問介護」のスタッフが同じ建物に常駐している、という感じです。

これなら、実質的に介護付き有料老人ホームと同等のサービスが受けられます。

介護付きと住宅型のどちらを選べばいいのか?

「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の違いは、法律的に「特定施設入居者生活介護の指定」を受けているかどうかなのですが、実質的なサービスに両者の違いはあまりありません。

一般論としては、「介護付き有料老人ホーム」は施設の提供するサービスの範囲で介護サービスの充実に力を入れ、一方「住宅型有料老人ホーム」は法律の縛りがない分、より自由なサービスの提供に力を入れている、という感じです。

いずれにしても、介護サービスの内容は施設によってずいぶんと違います。必ず細かい点を施設に問合せして、納得できる施設を選びましょう。

当社では、有料老人ホームの介護サービスの内容を分かりやすくまとめた「情報シート」をご用意しています。

「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の具体的なサービスレベルの違いも、このシートで施設毎に比較すれば一目瞭然。

ご興味のある方は、ぜひ下記ページにアクセスしてください。

有料老人ホームの相談とご紹介

以上、「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の違いについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

当社では、介護付きや住宅型の有料老人ホームをお探しの方に、「低価格な有料老人ホームのご紹介サービス」と、「有料老人ホームの相談サービス」を提供しています。

もし老人ホーム選びでお困りでしたら、以下のページで詳しくサービス内容を説明しておりますので、ご一読頂ければ幸いです。

介護職員低価格な老人ホーム選びをお手伝い
「老人ホーム紹介サービス」はこちら
介護職員が老人ホーム選びについてアドバイス
「老人ホームよろず相談室」はこちら

老人ホーム選びでお困りなら、今すぐご相談ください(無料

0120-116-567

受付時間 : 10:00 - 19:00
定休日 : 土曜日・日曜日
(土日以外の祝日は営業)

お問合せは24時間受け付けております

介護の現場で働く介護職員が、有料老人ホーム選びをお手伝いします!

親御さまの状況に最適な有料老人ホームをご紹介いたします。