運営元 株)S-FIT(紹介可能地域 : 東京・神奈川・埼玉・千葉)

ご紹介はこちらから無料

0120-116-567

10:00~18:30 (土日祝日も対応)

【東京】介護施設の入居で知っておきたい基礎知識 リハビリを受けられる介護施設の紹介は老人ホームアドバイザー

介護保険サービスを利用する際に、要介護認定や介護保険制度という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

要介護認定や介護保険制度は、国の社会福祉制度です。認定を受けることで少ない自己負担額で介護サービスを利用することができます。

そこで今回は、介護施設や介護サービスを利用する上で、最低限知っておきたい要介護認定と介護保険についてご紹介します。東京で介護施設の入居をお考えの方、リハビリを受けられる介護施設に入居したい方、介護保険サービスを利用したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

介護施設や介護サービスを利用する際に知っておきたい要介護認定

介護施設サービスを利用する際にチェック!要介護認定の5つの目安

どんな介護施設を利用する場合でも、介護サービスを受ける以上、介護保険制度を知っておくことが大切です。介護保険制度を利用することで、少ない負担額でサービスを受けることができます。

介護保険制度を利用する際必要になってくるのが、要介護認定です。管轄の市町村の保健福祉課や介護保険課などの窓口で受け付けることができます。東京にお住まいの方は、管轄の市区町村窓口でご相談ください。

要介護認定は、要支援2段階と、要介護5段階の7段階あり、市町村ごとに認定されます。認定には30日ほど時間がかかりますので、介護が必要な方は早めに申請するようにしましょう。

それぞれ認定の目安は以下のとおりです。

要介護認定の目安

要支援1 日常生活は自力で行うことはできるが、一部介助が必要
要支援2 日常生活はほぼ自力で行うことはできるが、歩行が不安定などで一部介助が必要
要介護1 立ち上がりや歩行が不安定で、排泄や入浴など日常生活の一部で介助が必要
要介護2 立ち上がりが自力では難しく、排泄や入浴などで一部または全介助が必要
要介護3 自力で立ち上がることができず、排泄や入浴などに全介助が必要
要介護4 意思の疎通が難しく、食事や着替えなどでも全介助が必要
要介護5 意思の疎通がほぼできず、生活全体に対し全面的介助が必要

要介護認定の流れ

1. 市町村の介護保険窓口に申請

要介護認定は管轄の市町村で対応します。市町村にある介護保険担当の窓口で申請してください。その際「要介護認定申請書」「介護保険被保険者証」が必要です。委任状があれば、本人以外の家族なども申請が可能です。

2. 診断書など必要書類の準備

認定を受ける際には診断書が必要です。主治医を訪ね、診断書などの必要書類を揃えてください。

3. 認定調査員による訪問調査

認定調査員が自宅や施設を訪問し、心身の状況など認定を受ける人を確認します。

4. 一次審査・二次審査

訪問調査の内容や主治医の意見をもとに、コンピュータによる一次審査が行われます。一次審査の結果と主治医の意見により、介護認定審査会で判定されます。

5. 認定

要介護申請から30日以内に判定結果(非該当〜要介護5)が通知されます。

介護施設を利用する上で知っておきたい介護保険制度

東京でリハビリ付き介護施設に入居をお考えなら老人ホームアドバイザー

介護保険制度とは、2000年4月に施行された社会保険制度で、国民全体で介護支援を行うためにつくられた仕組みです。「日本に住んでいる」「40歳以上である」ことを条件に、すべての方が介護保険制度に加入しなければなりません。

被保険者として介護保険へ加入が義務づけされています。介護が必要と認定された場合は、収入に応じて異なりますが、1〜3割の自己負担で介護サービスまたは介護予防サービスが利用できるようになります。

受けられるサービスには以下のようなものがあります。

  • ケアプランの作成、介護サービスの利用に関する相談
  • 訪問介護、訪問入浴など自宅で受けられる援助サービス
  • 日帰りで施設を利用するデイサービス
  • 長期間、あるいは短期間施設に入居して生活(宿泊)するサービス
  • 訪問、通い、宿泊を組み合わせて利用できるサービス
  • 福祉用具の利用に関するサービス

要介護・要支援の認定が受けられるのは、原則65歳以上となっています。

ただし、特定疾病によっては要支援、要介護状態となってしまった場合、65歳未満でも介護保険サービスを利用できます。詳しくは管轄の窓口にご確認ください。

東京にあるリハビリ体制が整った介護施設とは?

東京には養護老人ホームや特別養護老人ホーム、有料老人ホームなど、様々な種類の介護施設が存在します。その中でリハビリ体制が整った主な介護施設は以下のとおりです。

まず、介護老人保健施設は在宅復帰を目指す高齢者向けにリハビリを提供する施設です。ケアプランに応じて、理学療法士や作業療法士によるケアが受けられます。東京都練馬区のミレニアム桜台や大田区のアクア東糀谷などが当てはまります。

リハビリだけでなく、医療的なケアも受けたい場合は、医療と介護のサービスを提供する介護療養型医療施設が適しています。病院と併設していることも多く、東京都中野区にある武蔵野療園病院、足立区のひのき介護医療院などが挙げられます。

最近は民間の有料老人ホームでもリハビリを重視する施設が増えています。ただし、リハビリの内容・特色は施設ごとで異なるため、事前に確認しておきましょう。

東京でリハビリを受けられる介護施設の紹介は老人ホームアドバイザー

ここまで介護サービスを受ける時に知っておきたい、要介護認定と介護保険制度について解説してきました。各認定を受ければ、少ない自己負担額で介護サービスを利用することができます。東京の老人ホームアドバイザーでは、運動・生活レベルをはじめ、要介護や要リハビリなど、一人ひとりに合わせて適切な介護施設をご紹介いたします。

紹介可能なエリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉です。東京でリハビリを受けられる介護施設に入居したい方、認知症ケアが対応可能な施設などをお探しの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

東京でリハビリ付き介護施設の利用をご検討中の方は老人ホームアドバイザーへ!

サイト名 老人ホームアドバイザー
運営会社 株式会社 S-FIT( エスフィット)
代表取締役 紫原 友規
設立 2003年6月19日
本社住所 〒106-0032 東京都港区六本木1丁目6−1 泉ガーデンタワー 14階
TEL 03-5797-7067
FAX 03-5797-7079
URL https://www.rojin-home.jp/
関連会社
  • 株式会社S-FITケア
  • 株式会社S-FIT パートナーズ
  • 喜飛特不動產股份有限公司(台湾)
概要 老人ホームアドバイザーは、東京・神奈川・埼玉・千葉で各種老人ホーム、介護施設をお探しの皆様に寄り添ったサポート内容をご提供しております。有料老人ホームとは?養護老人ホームとどちらが良いのか?など、老人ホーム・介護施設を探すのが初めてという方にも、わかりやすく丁寧にご説明させていただきます。東京には1,500以上もの老人ホームがありますが、リハビリを受けられるか、年金だけでも即入居可能かなど、ご希望条件で絞ると案外ぴったりの施設は見つかりにくいものです。そんなお悩みをお持ちの方こそ、老人ホームアドバイザーをぜひお役立てください。これまでに入居者様のご相談に携わった人数は、1,000人以上!ベテランの老人ホームアドバイザーが、お客様のご要望に合わせた最適な老人ホーム・介護施設をご提案させていただきます。

相談員の石山です。介護職員の経験をもとに対応させていただきます

お電話での相談・ご紹介はこちら(無料

こんな方のご相談をお待ちしております

  • 私が見つけたのより、もっと良い施設はありますか?
  • 他の方の事例を教えて下さい
  • 親の症状にあった施設の選び方を教えて下さい
  • 費用の相場を教えて下さい
  • 施設の評判スタッフの雰囲気は分かりますか

今すぐ以下にお電話の上、相談員にお気軽にご相談ください

0120-116-567

受付時間:10:0018:30
土日祝日も対応)

→ 営業時間外は、こちらのフォームからご連絡ください

お約束
  • ご紹介は無料です
  • 質問相談大歓迎です。分からない事はどうぞ気軽にお電話下さい
  • お電話時に、しつこい勧誘等は決して行いません
  • ご相談者目線で、第三者として公平に紹介いたします
  • 無理に名前を言わなくても構いません。匿名でお電話ください 

フォームでの相談・お問合せはこちら(無料

お問合せの内容を以下に簡単にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックください。折り返し相談員が回答させていただきます(24時間受付

お名前必須
例 : 山田花子
住所必須
例 : 東京都新宿区1ー2ー3
電話番号必須
例 : 03-123-4567
メールアドレス必須
例 : sample@yamadahp.jp
ご入居希望時期必須

上記から選択ください
お問合せ・ご質問内容必須

例 : 神奈川県横浜市内で、要介護3で軽度の認知症の82歳の母親の受け入れ施設を探しています

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

 

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@rojin-home.jp

ページトップに戻る