運営元 株)S-FIT(紹介可能地域 : 東京・神奈川・埼玉・千葉)

老人ホーム・介護施設のご紹介無料

0120-116-567

10:00~18:30 (土日祝日も対応)

老人ホームのレクリエーションは何の為にあるの?

高齢になってからの住まいとして、老人ホームなどを検討されている方もいるでしょう。

老人ホームで行われているレクリエーションがありますが、何のために行われているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

実は、そこで行われる行動が心身に大きな影響を及ぼします。

どのような意味があるのかということについて確認していきましょう。

身体の機能を衰えさせない効果がある

老人ホームでレクリエーションを行う理由の大きなものとして挙げられるのが、体の機能を衰えさせないようにする為に、運動などを取り入れるという事です。

若い方であれば、運動をするという事を考えると、きつい身体の動きやスポーツを考えるかもしれません。

しかし、高齢になってからそういった運動を行う事は難しいですし、体に悪影響が及ぶこともあります。

そこで、簡単な動きなどを遊びの形で取り入れていくことで、体の機能が衰えることを防いでいくことが出来るようになるのです。 

レクリエーションを通して、身体を動かして機能を保っていくことにより、日常生活を自分の力で過ごす時間が増えていくことになります。

体を鍛える必要を感じないという方でも、排泄や身の回りのことなどは自分で出来るようにしておきたいものですから、その為に無理なく動くことが出来るレクリエーションが有効なのです。

体の機能を保っていく為には毎日続けていくことも大切なので、無理なく楽しんで行えるプログラムであるという事も重要になります。

 

脳の機能を高めていく効果もある

老人ホームで行われるレクリエーションは、体を動かすだけのものではありません。

物を作ったり、ゲームをしたり、クイズを解いたりなど、脳の機能を高めていく効果を狙ったレクリエーションを行うことも多いです。

高齢になると脳の機能が衰えたり、認知症という形で問題が生じたりすることも多いのが現状です。

こうしたことが起こると生活の質に大きく影響を及ぼしていくことになります。

直接それを予防する効果がある事はもちろん、脳を積極的に使うようにしていくことで進行を抑えていくことが出来る可能性もあります。

そのアプローチの一つとして、レクリエーションが役に立つのです。

物を作るような創造的で細かい手の動きが必要な作業を行ったり、ゲームやクイズで頭を使ったりすることによって脳を使い、脳の機能維持をしていくことに役立ちます。

何より利用者が楽しんで行えることが重要なポイントなので、ぜひ楽しめるプログラムを選んでいくようにしたいところです。

 

利用者やスタッフとのコミュニケーションの円滑化

老人ホームでは、家族との生活とはまた異なり、他人との生活になります。

知り合いではない方がほとんどですから、スムーズに人間関係を築くことが出来ない場合も多いものです。

ただ、そのままの状態では心を閉ざしてしまいがちになります。

生活が楽しくないだけではなく、コミュニケーションが取れなくなってくることで、脳の機能が低下したり、精神的に不安定になってしまうという事もあります。

そのようなときに、レクリエーションを通して人と関わっていくことで、人間関係を作ることが出来るようになったり、自然とコミュニケーションが取れるようになってきます。

人と関わる場所がなければ、親しい関係にはなりにくいので、そういった場を提供するということが最も重要な目的と言えるでしょう。

特別なことではなくても、何かを一緒に行うという事は人と人との距離を縮めてくれます。

こうした特徴を利用して、コミュニケーションを円滑に行えるようにしていくという意味が、レクリエーションにはあると言えます。

 

相談員の石山です。介護職員の経験をもとに対応させていただきます

お電話での相談・ご紹介はこちら(無料

こんな方のご相談をお待ちしております

  • 私が見つけたのより、もっと良い施設はありますか?
  • 他の方の事例を教えて下さい
  • 親の症状にあった施設の選び方を教えて下さい
  • 費用の相場を教えて下さい
  • 施設の評判スタッフの雰囲気は分かりますか

今すぐ以下にお電話の上、相談員にお気軽にご相談ください

0120-116-567

受付時間:10:0018:30
土日祝日も対応)

→ 営業時間外は、こちらのフォームからご連絡ください

お約束
  • ご紹介は無料です
  • 質問相談大歓迎です。分からない事はどうぞ気軽にお電話下さい
  • お電話時に、しつこい勧誘等は決して行いません
  • ご相談者目線で、第三者として公平に紹介いたします
  • 無理に名前を言わなくても構いません。匿名でお電話ください 

フォームでの相談・お問合せはこちら(無料

お問合せの内容を以下に簡単にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックください。折り返し相談員が回答させていただきます(24時間受付

お名前必須
例 : 山田花子
住所必須
例 : 東京都新宿区1ー2ー3
電話番号必須
例 : 03-123-4567
メールアドレス必須
例 : sample@yamadahp.jp
ご入居希望時期必須

上記から選択ください
お問合せ・ご質問内容必須

例 : 神奈川県横浜市内で、要介護3で軽度の認知症の82歳の母親の受け入れ施設を探しています
個人情報の取扱いについて

当社は、個人情報保護に関する法令を遵守し、その取扱及び保護等について、個人情報保護法の規定に基づき、下記のとおりご説明いたします。

1.利用目的について

取得しました個人情報は、以下の目的で個人情報を利用します。

  1. ご相談その他各種お問合せ、資料の送付・持参の対応に利用します。
  2. ご面談ご見学の調整、紹介施設の選定、情報提供及び確認業務に必要な情報の把握のために利用します。
  3. お問合せからご入居までのデータ管理、必要に応じてアンケートの発送のために利用します。
  4. ご利用者またはご家族様に有益と思われる、介護関係および高齢者向けの各種サービス、イベントの情報をダイレクトメール、電話、訪問、電子メール等でご案内・配信に利用します。このための利用は、お客様からの申し出により取り止めます。

ただし、次に示すいずれかに該当する場合は、本人の同意を得ることなく利用することがあります。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である時
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けたものが法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある時

2.個人情報の第三者提供について

当社でお預かりした個人情報を、ご本人の同意なく第三者へ提供することはありません。個人情報を第三者へ提供する場合には、法令に基づく命令などを除き、必ず事前にお客様の同意をいただいた上で行います。

3.個人情報の委託について

当社が保有する個人データの扱いの全部または一部について外部委託をするときは、必要な契約を締結し、適切な管理・監督を行います。

4.開示等請求について

ご自身の個人情報について利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、第三者への提供の停止に関する権利を保有しています(法令に定めがある場合を除く)。これらの権利行使、また個人情報に関する苦情及び相談等についての問い合わせ先は個人情報相談窓口となります。
個人情報相談窓口 TEL 03-5797-7030 (受付時間 平日 10:00-17:00) e-mail:pms@sfit.co.jp

5.個人情報を与えることの任意性

個人情報について、当社に提供することについては任意です。ただし、個人情報を与えなかった場合、当社は前述の利用目的を遂行することが出来なくなり、当社のサービス等を受けられなくなる恐れがあります。

6.容易に認識できない方法による個人情報の取得について

当社では、本人が認識できない方法によって個人情報を取得することはありません。万一そのような個人情報の取得を行う際は、その旨を本人に通知し同意を取った上で取得いたします。

7.その他

当社では、お客様の個人情報の保護を強化するために、または従うべき法令、国が定める指針その他の規範の変更に伴い、当「個人情報の取扱いについて」の内容を改定することがあります。

制定日 2008年2月1日
最終確認日 2020年4月1日

〒106-6014
東京都港区六本木1-6-1
株式会社S-FIT
代表取締役 紫原友規

※次の画面が出るまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

 

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@rojin-home.jp

ページトップに戻る