有料老人ホームの費用

当社にご相談頂く方で一番多い質問は、「有料老人ホームは毎月いくら費用がかかるのですか?」というもの。

相談員の高橋です。老人ホームの費用はとても複雑なので、皆さまからよくご相談頂きます

入居される方の介護度やホームの立地広さ等によっても平均的な料金は変わってくるのですが、一般的な費用の目安についてお話ししましょう。

有料老人ホームの費用

介護つき有料老人ホームの費用

有料老人ホームで一般的な「介護付き有料老人ホーム」に入居した場合の費用の相場を、在宅介護の場合と比較してみました。有料老人ホームには色々な価格がありますが、低価格帯と中価格帯の二つで平均的な費用を記載してあります。 

項目 在宅介護 有料老人ホーム
低価格帯 中価格帯
合計 6万円 16万円

27万円

賃料   8万円 15万円
管理費   2万円

5万円

食費 4万円 5万円 6万円
水道光熱費 2万円 1万円 1万円

10万円ほどの追加費用で、有料老人ホームに入居できることがお分かり頂けることと思います。

その他の費用

有料老人ホームに入居した後、介護や生活にかかる費用は以下の通りです。

項目 在宅介護 有料老人ホーム
低価格帯 中価格帯
合計 5万円 5万円

5万円

介護保険負担金 2万6千円 2万6千円 2万6千円
おむつ代 1万円 1万円

1万円

医療費 1万円 1万円 1万円
その他 4千円 4千円 4千円

こちらに関しては、在宅介護でも有料老人ホームに入居しても、あまり金額が変わりありません。

老人ホームの賃料

それでは個別の費用について見ていきましょう。

まず、有料老人ホームに入居する際に一番負担が大きいのが、施設の賃料家賃)です。

賃貸マンションを借りるときと同じく、建物の立地設備広さ築年数等によって費用は変わってきます。

この賃料で支払い額が大きく変わってきますので、できれば価格の割によい施設を選びたいところ。

自分では判断するのは難しいと思いますから、不動産会社にその近辺の賃貸マンションの家賃の相場を教えてもらって、比較してみるのも良いでしょう。

相談員の鈴木です。物件によってホームの賃料はさまざま。賃貸マンションを選ぶのと同じく、ある程度希望をを明確にしておくと、予算の範囲でご希望のホームを見つけやすくなります

老人ホームの管理費

管理費は、ホームによって費用がかなり上下する項目。

管理費に含まれている内容がホームによって異なるので、一概に管理費用が安いところが良いとは限りません。必ずホームの担当者から管理費に含まれているサービスの内容を説明を受けましょう。

一般的に管理費には、ホームのスタッフの人件費や、共有部分の運営費が含まれています。それ以外に水道光熱費やアクティビティの費用、その他の追加サービスの費用が含まれていることも多いので、他の費用項目とあわせて検討することが大切です。

相談員の浅尾です。管理費はサービスに含まれている項目をきちんと確認しておきましょう

老人ホームの食費

食費についても、内容によって費用が上下します。入居者の状態にあわせてきめ細かく食事を提供しようと思えば、どうしても一人あたりの食費は高くなってしまうからです。

食費は大きく材料費と調理人の人件費に左右されますから、安すぎる食費は、理由や内容の確認を。食事がおいしくないと、親御さまの最大の楽しみの一つが奪われてしまうようなものですから、食費については慎重に判断しましょう。

相談員の鈴木です。親御さまにとって、食事はホーム最大の楽しみの一つです。費用にみあった食事を出してくれるかをきちんとチェックしましょう

介護保険の負担金

有料老人ホームではもちろん介護保険のサービスが利用可能です。要介護度によって金額は異なりますが、 在宅介護と同じ負担ですみます。

それと別にホームへの入居に際してきちんと考えなければいけないのが、上乗せ介護をどうするか。

先ほどの表には含めていませんが、介護保険で定められた以上のサービスを受ける場合、追加の上乗せ介護費用が必要で、たとえば介護スタッフの人数を多めに配置したり、お風呂の回数を増やしたりすると、追加の費用が必要となります。

親御さまの暮らしを考えるとなるべく手厚いサービスを受けさせてあげたい所ですが、毎月の予算もあるので悩ましい所。ホームを決める際には、必要な上乗せ介護費用もきちんと考えておきましょう

相談員の高橋です。必要な介護サービスを見積もり、費用を考えるのが大切。ご相談頂いた時は、資料をお見せしながら一緒に必要なサービスを考えるようにしています

医療費

医療費は在宅介護であっても必要ですが、高齢者の場合、ホームに入ってから健康を害することも多いので、ある程度の費用は最初から見込んでおきましょう。

また通院の付き添いをスタッフにお願いした場合、別途費用が必要になります。

なおホームから病院までの移動については、ホームの介護車両を利用できるのか、タクシーを呼ぶ必要がるのかも確認しておくと良いでしょう。

相談員の石山です。有料老人ホームの費用を考える際には、必ず医療費のことを多めに見積もるようにしましょう

その他の費用

それ以外に、「水道光熱費」「クリーニング代」「理美容費」といった費用が実費で請求されます。在宅介護している場合はふだんの生活費の中でまかなわれている訳ですが、ホームに入った後は今までの家計と別に必要になりますので、注意が必要です。

また「買い物代行」の費用もお忘れなく。必要なものを入居者さまの代わりにスタッフが購入してくれるサービスです。

こうした費用は、ホームで生活してみないと実際にどれくらいかかるか分からない部分も多いですが、でもこうした費用がかかる可能性が高い、ということは認識しておきましょう。

相談員の高橋です。生活費の関する費用もあらかじめ見込んでおきましょう

費用に見合った施設を見つけましょう

このように有料老人ホームに入居すると様々な費用が必要になりますが、在宅介護に10万円ほど追加すれば、有料老人ホームの利用が可能です。

ただし、老人ホームによって部屋の広さ、立地、内装、築年数、等が異なりますから、費用はさまざま。また同じような価格帯のホームでも、介護のサービスレベルが同じとは限りません。

在宅介護にくらべて10万円以上の追加費用が必要なわけですから、できれば「価格が安く」て、「住み心地がよく」、しかも「介護のレベルが高い」ホームを見付けたいところ。

とはいえお一人でこうしたホームを見付けるのは大変ですから、お近くの紹介会社を利用するのもよいと思います。

以下のページに、良心的な老人ホームの紹介会社を選ぶポイントをまとめましたのえ、よろしければアクセスしてみてください。

それから、自分の親を老人ホームに入居させることに対する、私の経験を以下に書かせて頂きました。

親御さまのために老人ホームを選ぶ際に、色々と思うことも多いかと思いますが、参考になれば幸いです。

相談員の石山です。老人ホームでお困りでしたら、ぜひお気軽にご連絡ください

要介護認知症親御さまむけ有料老人ホームをご検討中の方に、低価格で割安な有料老人ホームをご紹介しております。

当社独自調査の情報を元に、介護スキルが高く認知症ケアが手厚く、しかも低価格な有料老人ホームをご紹介。ご興味ある方はぜひご連絡ください。

有料老人ホームチェックシートを無料プレゼントいたします

当社が有料老人ホームを選ぶ際に利用している「チェックシート」を、ご希望の方に無料プレゼントいたします。