老人ホームのレクリエーションは何の為にあるの?

高齢になってからの住まいとして、老人ホームなどを検討されている方もいるでしょう。

老人ホームで行われているレクリエーションがありますが、何のために行われているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

実は、そこで行われる行動が心身に大きな影響を及ぼします。

どのような意味があるのかということについて確認していきましょう。

身体の機能を衰えさせない効果がある

老人ホームでレクリエーションを行う理由の大きなものとして挙げられるのが、体の機能を衰えさせないようにする為に、運動などを取り入れるという事です。

若い方であれば、運動をするという事を考えると、きつい身体の動きやスポーツを考えるかもしれません。

しかし、高齢になってからそういった運動を行う事は難しいですし、体に悪影響が及ぶこともあります。

そこで、簡単な動きなどを遊びの形で取り入れていくことで、体の機能が衰えることを防いでいくことが出来るようになるのです。 

レクリエーションを通して、身体を動かして機能を保っていくことにより、日常生活を自分の力で過ごす時間が増えていくことになります。

体を鍛える必要を感じないという方でも、排泄や身の回りのことなどは自分で出来るようにしておきたいものですから、その為に無理なく動くことが出来るレクリエーションが有効なのです。

体の機能を保っていく為には毎日続けていくことも大切なので、無理なく楽しんで行えるプログラムであるという事も重要になります。

 

脳の機能を高めていく効果もある

老人ホームで行われるレクリエーションは、体を動かすだけのものではありません。

物を作ったり、ゲームをしたり、クイズを解いたりなど、脳の機能を高めていく効果を狙ったレクリエーションを行うことも多いです。

高齢になると脳の機能が衰えたり、認知症という形で問題が生じたりすることも多いのが現状です。

こうしたことが起こると生活の質に大きく影響を及ぼしていくことになります。

直接それを予防する効果がある事はもちろん、脳を積極的に使うようにしていくことで進行を抑えていくことが出来る可能性もあります。

そのアプローチの一つとして、レクリエーションが役に立つのです。

物を作るような創造的で細かい手の動きが必要な作業を行ったり、ゲームやクイズで頭を使ったりすることによって脳を使い、脳の機能維持をしていくことに役立ちます。

何より利用者が楽しんで行えることが重要なポイントなので、ぜひ楽しめるプログラムを選んでいくようにしたいところです。

 

利用者やスタッフとのコミュニケーションの円滑化

老人ホームでは、家族との生活とはまた異なり、他人との生活になります。

知り合いではない方がほとんどですから、スムーズに人間関係を築くことが出来ない場合も多いものです。

ただ、そのままの状態では心を閉ざしてしまいがちになります。

生活が楽しくないだけではなく、コミュニケーションが取れなくなってくることで、脳の機能が低下したり、精神的に不安定になってしまうという事もあります。

そのようなときに、レクリエーションを通して人と関わっていくことで、人間関係を作ることが出来るようになったり、自然とコミュニケーションが取れるようになってきます。

人と関わる場所がなければ、親しい関係にはなりにくいので、そういった場を提供するということが最も重要な目的と言えるでしょう。

特別なことではなくても、何かを一緒に行うという事は人と人との距離を縮めてくれます。

こうした特徴を利用して、コミュニケーションを円滑に行えるようにしていくという意味が、レクリエーションにはあると言えます。

 

介護の現場で働く介護職員が、有料老人ホーム選びをお手伝いします! 

親御さまの状況に最適な有料老人ホームをご紹介いたします。

お問合せ・ご相談

お問合せ・ご相談は(無料

0120-116-567

受付時間 : 10:00~19:00
(土日祝日も対応)