運営元 株)S-FIT(紹介可能地域 : 東京・神奈川・埼玉・千葉)

ご紹介はこちらから無料

0120-116-567

10:00~18:30 (土日祝日も対応)

有料老人ホームへの入居を高齢者が拒否したら?

高齢化社会を迎えている今、有料老人ホームの入居者は増加しています。自宅で面倒をみることが難しい状態になる前にホームに入ることで、ご家族は安心することができます。

しかし、有料老人ホームへの入居を拒否してしまう高齢者も決して少なくありません。その際の対処方法を知っておくことにより、スムーズかつトラブルのない入居を進めることができます。

老人ホームの入居を拒否されたらまずは話し合いが大切

親が高齢になり、生活を送る上で何かと介護や手助けが必要となることもあります。日常生活をスムーズに送ることが難しい状態になり、自宅で面倒をみることが困難になると、家庭が崩壊してしまう可能性も否定できません。

有料老人ホームを利用することで、介護する側の体力、精神面にゆとりが生じることで家族崩壊の危機を回避しやすくなるでしょう。もし本人が入居を拒否した場合、無理に入居させることには賛成できません。まずは、きちんと話し合いを行うことが何より大切です。

誰もが生活環境が変わることには不安を感じるので、戸惑いから有料老人ホームへの入居を拒否することもあるでしょう。時間を掛けてでも、何に対して不安に感じているのか、拒否をする理由は何かを引き出すことが大切ではないでしょうか。

知らない人と毎日顔を合わせることにストレスを感じ、拒否をする方もいますし、有料老人ホーム自体に良いイメージを持っていない方も少なからずいます。話をすることで不安を軽減させることも出来るのではないでしょうか。

実際に自宅で面倒をみることに限界を感じてから有料老人ホームへの入居を考える方も多いので、自宅で生活を続けることで起きてしまう弊害などを分かりやすく伝えることも良い方法です。

体験入居を活用する

有料老人ホームの入居を拒否されてしまった際には、お住まいの地域で活動をしているケアマネージャーやソーシャルワーカーに相談をすることも有効な手段となります。丁寧に有料老人ホームのメリットを第三者が説明をすることにより、納得してくれる高齢者の方も存在します。

最初の段階で急に入居させることは無理な場合が多いですので、まずは試しに有料老人ホームへ見学に足を運び、入居したいと前向きな反応があったタイミングで有料老人ホームの体験入居を利用することも効果的です。実際に有料老人ホームは体験利用できるところが多いので、1日過ごしてみたり、週に2日や3日程度の利用を促してみることも悪くはありません。

送迎については自主的に行うことが必要なケースや、料金の負担で送迎を依頼できる場合もあります。どちらにしても徐々に慣れを感じてもらうことが大切なので、老人ホームの良さを知ってもらう意味でもかなり有効です。

体験入居に対応している老人ホームを探す必要はありますが、現在ではインターネットを利用し探す方も多いように感じます。

体験入居の際には、有料老人ホームの雰囲気やスタッフの様子、食事の味付けは好みと合うか、家族が面会をしに足を運びやすい立地かも併せて確認すると良いでしょう。

ここで注意点として、高齢者の中には、老人ホームへ入居する=捨てられてしまうという意識を抱いてしまう人が少なからずいるということです。そのため、入居後は家族ができるだけ面会に通って顔を合わせることで不安を解消することができます。

最後にまとめとして、有料老人ホームへの入居を拒否された場合には、決して強制することなく地道に段階を踏んでいき、入居の前後にかかわらずコミュニケーションを大切にしていくことが重要と言えます。

相談員の石山です。介護職員の経験をもとに対応させていただきます

お電話での相談・ご紹介はこちら(無料

こんな方のご相談をお待ちしております

  • 私が見つけたのより、もっと良い施設はありますか?
  • 他の方の事例を教えて下さい
  • 親の症状にあった施設の選び方を教えて下さい
  • 費用の相場を教えて下さい
  • 施設の評判スタッフの雰囲気は分かりますか

今すぐ以下にお電話の上、相談員にお気軽にご相談ください

0120-116-567

受付時間:10:0018:30
土日祝日も対応)

→ 営業時間外は、こちらのフォームからご連絡ください

お約束
  • ご紹介は無料です
  • 質問相談大歓迎です。分からない事はどうぞ気軽にお電話下さい
  • お電話時に、しつこい勧誘等は決して行いません
  • ご相談者目線で、第三者として公平に紹介いたします
  • 無理に名前を言わなくても構いません。匿名でお電話ください 

フォームでの相談・お問合せはこちら(無料

お問合せの内容を以下に簡単にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックください。折り返し相談員が回答させていただきます(24時間受付

お名前必須
例 : 山田花子
住所必須
例 : 東京都新宿区1ー2ー3
電話番号必須
例 : 03-123-4567
メールアドレス必須
例 : sample@yamadahp.jp
ご入居希望時期必須

上記から選択ください
お問合せ・ご質問内容必須

例 : 神奈川県横浜市内で、要介護3で軽度の認知症の82歳の母親の受け入れ施設を探しています

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

 

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@rojin-home.jp

ページトップに戻る